築年数の多い物件、リフォームと建て替えならどっちがいい?

築年数が数十年以上の住居に対して、建て替えか増改築リフォームを考えるかもしれませんが、この2つは何が異なるのでしょうか?

そもそも建て替えとは、現在の家を全壊させて更地にしてから、新築を建て替えるという方法ですが、新しい土地で家を建てるよりも工期が必要になるそうです。

つまり、工事中は仮住まいで暮らす必要がありますし、もともとの住居に置いていた花材を保管しておく倉庫も用意しておく事になるでしょう。

一方、近年のリフォームは工期が短くて済んだり、リーズナブルな料金で工事ができる場合もありますが、増改築リフォームで解体が複雑な場合には人手や時間がかかる事が考えられるのです。

完全リフォームは住居を壊すための費用や工事代金、仮住まいに使うための費用などが必要なので建て替えよりも高額な料金がかかるのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る