リフォームをする目的は大きく分けて二つあり、ひとつはメンテナンスのリフォームで家を健康的に保つためには部位ごとに修繕時期や耐用年数を把握し、メンテナンスをおこなっていく必要が有ります。

例として水周りなら15年ほどで外壁と層なら10年ほど経過するごとにメンテナンスをするといった具合です。こういった時期で定期的にリフォームをおこなった場合には大掛かりな工事をすることなく、家の寿命を延ばすことができます。

網一つは暮らしに合わせたリフォームで変化する家族構成やライフスタイルなどに合わせて、子育てに適した家や2世帯住宅などに改築させるリフォームをいいます。
現在の家の状況を正確に知っておき、どの用にリフォームをしたいかを明確にしておくことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る